Loading...
X

遺影についての豆知識

こんばんは。仕事が終わってひと段落、旦那が作ったご飯を食べて、ローカル番組を見ながら書いています。暖かくなってきたとはいえ、まだまだ寒いですね。凍る気温にならないことを祈るばかりです。
さて、つい最近、わたしのおばあちゃんの隣人のおばあちゃんがお亡くなりになりました。
とても仲良くしていて、入院もしていなく、昨日まで元気でいたのに。亡くなったのが本当に不思議なくらい元気でした。
仲良くしていたこともあり、息子さんにいろいろと葬儀の相談を受けました。遺影にする写真を選んだり…にっこりした、とても幸せそうな、優しそうな、おばあちゃんらしさがあふれ出ている写真にしました。
現在の葬儀で使う写真は、服を変えなくてもいいのですね。
私は、遺影写真のために喪服を着た写真を、みなさん用意されているものと思っておりましたが、なんと服は写真を合成して着せるのですね。
数ある葬儀用の写真の中から、ちょうど良いデザインの喪服を選び、その喪服に顔を合わせるのです。葬儀で使う写真を合成しているなんて思ってもみませんでした。
いつから合成をしているのかわかりませんが、私の知らなかった扉が開けられた気がしました。葬儀も写真も進化するんだ…なんて勝手に思っています。

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>