お葬式に出席するときの服装のマナーを知っていますか?
この間お葬式に詳しい方から聞いた話なのですが、仮通夜、通夜、葬儀・告別式、それぞれに合う服装があるそうなんです。
まず仮通夜ですが、仮通夜とはなくなった直後に行われます。不幸を聞いて急ぎ駆けつけるときは地味な私服で問題ないそうです。
逆に喪服で行くと不幸を予期していたようで、かえっておかしいとされるそうですが・・・通夜に私服で来ている人を自分はあまり見たことが無いですけどね。
次に通夜ですが、こちらはブラックフォーマルはもちろんですが、紺やグレーなどの地味な色のスーツなどでも良いようです。
そして葬儀・告別式の場合は、その場にふさわしい服装として、基本的にブラックフォーマルを着用するそうです。最近では貸衣装でレンタルもできるようですが、
自分は慌てて用意するのが嫌なので冠婚葬祭全てに使える服装一式を用意しておいてあります。一度レンタルを利用して葬儀に遅刻したことがあったので。
そういえば書いていて思い出したのですが、仮通夜から告別式まで全てに派手な私服で来ている若い人がいたのを思い出しました。正直ちょっと親の顔が見てみたいです・・・。
最後になりますが、アクセサリーのことについて話をして終わりにします。
男性はゴールドのブレスレットや時計など結婚指輪以外のアクセサリーは付けないほうが無難だそうです。あーーあとネクタイピンも付けないほうがいいそうです。
女性もほとんど同様で基本的にアクセサリーは結婚指輪のみで、パールネックレスを身につける場合は一連のもので、殺生を連想させる毛皮のコートも避けたほうがいいそうです。
これは時々派手な毛皮のコートを身につけたおばさんを見かけるような気がします。
まあ大体こんなところでしょうか?以上ざっくりとですが、蛇足をはさみつつお葬式の服装に関するお話でした。
服装以外にも気になるところがあれば、葬儀の基礎知識をわかりやすく【葬儀・葬式カタログ】を見てみるといいかもしれませんね。